メニュー

当クリニックについて

当院は、1992年に稲沢市前田町で開業した内科・小児科・人工透析内科を標榜する無床診療所です。2021年1月より高御堂に新築移転しました。患者さんの利益を第一義とする診療を心がけています。 

2022年4月より新たに腎臓/透析/総合内科専門医の資格をもつ医師と二人体制で診療を行います。健康相談から専門的治療まで対応し、何でも相談できるかかりつけ医を目指していきます 

長 橋本 敏

<勤務歴>

  • 名古屋大学医学部附属病院分院 初期研修
  • (現)JCHO中京病院 腎臓内科
  • (現)県立多治見病院 内科(腎臓内科)
  • ストラスブール市民病院 腎透析科(フランス)
  • 名古屋大学医学部附属病院分院
  • 稲沢市民病院 内科(腎臓内科・透析科)
  • 稲沢クリニック開業 (1992年より)

<資格>

  • 腎臓専門医(1991年取得、1997年まで更新)
  • 透析専門医(1992年取得、1997年まで更新)
  • 医学博士 

 

  副院長 橋本 悠作

2022年4月より稲沢クリニックにて診療を開始しました。これまでの総合病院での経験や総合内科専門医、腎臓専門医として稲沢市・あま市・清須市の皆様に生活習慣病対策や慢性腎臓病の啓蒙・治療に邁進してまいります。また、稲沢市民病院・一宮市民病院での非常勤医師として勤務させて頂いており、中核病院との架け橋としての役割を果たしてまいりたいと思います。専門だけではなく、どのような症状にも患者様に寄り添う医療を心掛けます。

<勤務歴>

  • 2012年 JCHO 中京病院 初期研修
  • 2014年 中京病院 総合診療科
  • 2015年 中京病院 腎臓内科
  • 2018年 市立四日市病院 腎臓内科
  • 2019年 名古屋大学医学部附属病院 腎臓内科
  • 2021年 一宮市立市民病院 腎臓内科
  • 2022年4月より稲沢クリニック勤務、一宮市民病院腎臓内科(非常勤医師兼任)、稲沢市民病院腎臓内科(非常勤医師兼任)

<資格・所属学会>

  • 日本内科学会 認定内科医・総合内科専門医
  • 日本腎臓学会 腎臓専門医(
  • 日本透析医会 透析専門医
  • 日本腎臓リハビリテーション学会
  • 緩和ケア研修会修了
  • 医学博士
  • 身体障害者指定医 / 難病指定医

<業績抜粋>

慢性腎臓病発症予防や透析されている方の骨・ミネラル代謝、膠原病などを報告しています。これらの経験を活かし、最新の知見に基づき、個々に合わせた医療を提供します。

・「血液透析後の発熱から発症した無菌性胸膜炎がANCA 関連血管炎と考えられた 1 例」:橋本悠作著 日本透析医学会雑誌 51 (3), 243-249, 2018

・「Effect of body mass index on the association between alcohol consumption and the development of chronic kidney disease」:Y Hashimoto 著 Sci Rep. 2021 Oct 14;11(1):20440.

・「Impact of etelcalcetide on fibroblast growth factor-23 and calciprotein particles in patients with secondary hyperparathyroidism undergoing haemodialysis」:Y Hashimoto 著 Nephrology (Carlton). 2022 Jun 24. 


第64回日本腎臓学会学術総会 2021/6/18-20 口演発表(筆頭発表者)

・「Prediabetes(前糖尿病)による慢性腎臓病(CKD)発症リスクについての検討」

・「エテルカルセチド(Etel)投与におけるcalciprotein particles(CPP)とfibroblast growth factor 23(FGF23)についての検討」


ERA-EDTA 2021 第58回欧州腎臓学会・欧州腎臓透析学会議(ベルリン:ドイツ) 2021/6/5ー8 口演発表(筆頭発表者)

・「DOSE-RESPONSE RELATIONSHIP BETWEEN ALCOHOL CONSUMPTION AND THE RISK OF DEVELOPING CKD: RETROSPECTIVE COHORT STUDY」

・「IMPACT OF ACTIVE VITAMIN D AND CALCIUM PREPARATION ON VASCULAR CALCIFICATION MARKERS IN HEMODIALYSIS PATIENTS WITH HYPOCALCEMIA」

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME