メニュー

糖尿病の治療

当院の治療について

治療歴の長い方でも「血糖値が高いとなぜ治療が必要か?」という質問に戸惑う方は案外多くいらっしゃいます。糖尿病は末永くつきあっていく病気です。なぜ治療するのかが腑に落ちれば治療への取り組みにも弾みが付きます。日頃の努力と検査結果の関係が手に取るようわかれば治療へのモチベーションもあがります。よく理解して病気と上手にお付き合いできるようにお手伝いできるよう努めます。

糖尿病に対して未治療の方へ

「糖尿病かもしれない」といった早い段階で受診して頂くと、合併症が防げることが、大いに期待できます。健診結果をお持ちになり、心配な方は早めの受診をお勧めします。

糖尿病とはどんな病気?

糖尿病とは、血液をめぐるブドウ糖(血糖値)が正常より多くなった状態です。そのことが、全身の血管、臓器に悪影響を与え、合併症を引き起こす事が、問題となる病気です。合併症は3大合併症として、1)神経:神経障害、2)眼:網膜症、3)腎臓:腎症があり、この順に進行します。特に、糖尿病と発見されてから、5年以上にわたり、HbA1cが、6.5%以上の方に、合併症が進行しやすいことが、わかっています。その他にも、心筋梗塞、脳梗塞なども合併症の1つであり、糖尿病の方は、総合的な診察、治療を受ける必要があります。また、近年糖尿病に対する新しい薬が、次々に発売され、治療もより複雑且つ、多様化していきていることが現状です。以上の点からも、糖尿病の方は、少しでも早く受診することをお勧めしています。

糖尿病は主に1型、2型に分類されますが、食生活、肥満、遺伝的要因が背景となるのは、2型糖尿病であり、糖尿病の殆どを占めます。2型糖尿病の方は、すい臓からでるインスリン(血糖値を下げる、唯一のホルモン)が、様々な原因で不足したり、その効き目が悪くなったりすることで血糖値が上昇しています。
1型糖尿病は遺伝などでは無く、後天的な原因により、すい臓から出るインスリンが、ほとんど無くなった状態です。よって1型糖尿病の方は必ず、インスリンが必要になります。

血糖コントロールが良好か否かの指標として、血糖値の1~2か月の平均値を表すHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)が使われています。また、将来合併症が出現するか否かについても、過去のHbA1cの値が大変参考になります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME