メニュー

高血圧症

高血圧症とは

血圧とは、心臓から送り出された血液が、血管内で示す圧力、つまり血管の壁を押す力です。高血圧症とは、その力が一定以上高い状態のことをいいます。一時的に高い値を示すのは、病気としての高血圧症とはいいません。健康で若い人は、120/80mmHg(収縮期血圧/拡張期血圧)が一般的くらいで、診察時に測定する安静時血圧が、どちらか一方でも収縮期140mmHg/拡張期90mmHgを超えてきた時に、高血圧と診断されます。

高血圧による脳卒中や心筋梗塞の脳心血管死亡者数は年間約10万人とされており、脳心血管死亡者のうちの原因として最大です。通常、高血圧では、場合によっては、頭痛や肩こりとしてあらわれることもありますが、自覚症状がないことが一般的です。多くの方は、血圧を測定するのは年1回の健康診断くらいだとは思います。何年か健康診断を受けて、どんどん上昇していくのを契機に受診することが多いです。

日本の高血圧者数は約4300万人と推定されていますが、自覚症状もないために、未治療の人は約2000万人と非常に多いです。自覚症状がないからこそ、120/80mmHgを超えてくることがあるならば、早期に受診していただくことが良いでしょう。

高血圧を放っておくと、血管壁に圧がかかって、血管の内側(内膜)をを傷つけていきます。そうすると傷ついた内膜では、動脈硬化が進みやすくなります。高血圧そのものが原因となる疾患もありますが、高血圧によって引き起こされる動脈硬化、さらに臓器への負担がかかることでの臓器障害を起こします。動脈硬化では、脳卒中、狭心症、心筋梗塞、腎不全を引き起こしてきます。

高血圧の治療

治療の目的は、数値の目標もありますが、ただ高い血圧を下げる、というより、高血圧による動脈硬化の予防と、臓器障害の進行予防です。

実際、高血圧治療ガイドライン2019(日本高血圧学会)によると、まず130/80mmHg以下を目指します。ですが、120/80mmHgを超えてくると、脳卒中や心筋梗塞のリスクが高くなることが研究でも示されており、より臓器障害を防ぐために、120/80mmHg以下を目標としています。
ただし、高齢者では、下げすぎることによって、脳心血管イベントを誘発することもあり、過度の降圧には注意が必要です。診察室での血圧だけでなく、家庭血圧をみることによって血圧をコントロールしていくことが必要になります。

薬物治療の代表的なお薬は、Ca拮抗薬、ARB、ACE阻害薬、利尿薬、β遮断薬(含αβ遮断薬)があります。それぞれのお薬には特徴があり、積極的適応や禁忌、慎重投与が必要な場合がありますので、高血圧の原因や合併症の病態に合わせて選択していきます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME